小泉今日子・高崎卓馬 対談

January 13.2016

※HAPPY HOURでは編集を行っていません。ゲスト及び参加者の発言内容に対し一切の責任を負わないものとします。

 

04

 


 

小泉 今日子
1966年2月4日生まれ。神奈川県厚木市出身。
数多くの映画、ドラマ、CM、舞台に出演。また、エッセイストとして本を出版するほか、新聞の書評委員を務めるなど、その活動の分野は非常に広い。
2009年公開の映画「ホノカアボーイ」の主題歌「虹が消えるまで」のヴォーカルを務めた。

 

高崎 卓馬
1969年10月1日生まれ。福岡県出身。CMプランナー。
広告機構「クジラ」でカンヌなど、国内外の広告賞を多数受賞。
2009年公開映画「ホノカアボーイ」の脚本家兼プロデューサー。

 


 

 

レオ

今回、ショッピングバック展なの。


キョンちゃん

へぇ~。


レオ

うちの紙袋に、いろんなん人に落書きだとかスタッズとか、縫ってもらったり。もうちょっとショッピングバック面白くしてみようと。


で、とにかく若い無名の子達を中心にしてっていうのにして。


キョンちゃん

へぇ~。


レオ

昨日見たんだけど、結構良いんですよ。


キョンちゃん

かわいい?


卓馬さん

全部1点もの?


レオ

そうですね。レシピがプリントされたり、何か付加価値つけようと思って。


じゃ、今日はよろしくお願いします。


卓馬さん

よろしくお願いします。


キョンちゃん

よろしくお願いします。

 

(乾杯)


さぁ手つけて下さいよ。はーちゃん、そ~っとね。


レオ

そ~っとね。(笑)


はーちゃん

いただきます。


レオ

はーちゃんどれが良い?


これにバターがね、やみつきになる味なのよ。はーちゃん嫌いなものあるか?


はーちゃん

ないな。


あのさ、卓馬さんさ、カッタン、キョンちゃんがはーちゃん連れて来るとすげぇ機嫌良くなるんだよね。

 

(笑)


キョンちゃん

ん?機嫌良くなるの?


うん。キョンちゃんが、はーちゃんを連れて来ると機嫌良くなる。
もうそろそろ会話始めますか?


レオ

えーとねー、始まってます。(笑)


始まってる。リードして下さい。


卓馬さん

これどの位もつの?


レオ

これ40時間入ります。


卓馬さん

凄いね~。ほったらかしで大丈夫だ。(笑)


レオ

で、第1回目のムラの時は、合計で8時間くらい入って、3時間くらいはちゃんと会話入ってるんですけど、4時間目位からムラがDJ始めちゃって、音で全然会話入ってないの。


キョンちゃん

中島みゆきとかかけて。(笑)


そうそうそう。(笑)


レオ

みんながこうなった時に落とすの。


キョンちゃん

なんかムラみんなが酔っ払ってきたら、中島みゆきをかけるの。


卓馬さん

意地悪DJ?(笑)


一所懸命になってかけてくれんのな。


レオ

あの~この対談の理由なんですけど、克さんが好きなメンバーと規制の無い、楽な感じで会話出来るような、そういう対談で、今回4回目なんだけど、本当に大好きで尊敬して止まない方達をゲストにして、小泉さんと高崎さんにどうしても来て頂きたくて。今日は本当にありがとうございます。


キョンちゃん

ありがとうございます、こちらこそ。


まぁね、今回はシラフの時にちゃんと皆さんに挨拶しないとならないんだけど、自分がドン底に落ち込んで調子が悪かった時にレオが助けてくれたんだけど、ちょうど60の還暦の時、はーちゃんも来てくれたんですけど、キョンちゃんが「克さん、頑張ってやろうよ。私達は克さんを応援するよ」って。一生、自分の中では忘れないんですけど、本当それは感謝。本当にありがとうございました。そこからじゃなくちゃ始まらないので。本当に、ありがとう。キョンちゃん、はーちゃん、ありがとう。


キョンちゃん

とんでもない。


はーちゃん

とんでもない。


それから、高崎さんも色々な我々が出来ないチャンスを与えてくれて、本当にありがとうございました。しつこいようですが、これからも末長くよろしくお願いします。


キョンちゃん

こちらこそ。
あの~、ムラの回読んだんですけけど、付いてませんから。

 

(爆笑)


キョンちゃん

なんか、すぐそういう話になっててムラの回の時に。「あれは付いてるぞ」って。男らしいっていう意味。付いてないんですけど。

 

(笑)


高崎さん初めてかもしれないですけど、ある若手の才能あるんだけど本当に不良で、だけど男気あってノーティーボーイで口も悪いし、そういう奴らがキョンちゃんが入ると和むのよ。はっきり言って全員キョンちゃんファンでキョンちゃんクラブなのよ。本当に良い奴らでそういう新人の頃から、彼女なんか本当に差別なくやった人なの。だから、みんな1人1人がキョンちゃんの思い込み。これ本当の話。はーちゃん、ね。


キョンちゃん

そうだったら嬉しいけどね~。


本当にスーパースターだけど、そういう面じゃクソ人間くさい良い人で、もう、そういうことは品だね。俺はもうキョンちゃんの前だとベロベロに甘えるから。

 

(笑)


卓馬さん

それ何回も見てるけど、それは。

 

(笑)


そうですか。 北海道では本当にお世話になっちゃって。


キョンちゃん

いえいえ、楽しかった。


ねぇ、こないだの、俺初めて、キョンちゃんの何万人を前にしたライブ!


キョンちゃん

うんうん。


もうね、ヤバイとかじゃなくて涙。


はーちゃん

涙?


涙、涙。本当に涙。感動しちゃって。あと後藤さんだっけ?


キョンちゃん

うん!


2人でステージ横で涙目。


キョンちゃん

全部のプログラムに入れてあったんだけど、「虹が消えるまで」も歌って、そしたら。


もう途中でさ、みんながワーってってやってる時、キョンちゃんが「実を言うと」って始まる時なんか、もうね・・・もう、会話無いね。それで、色んなミュージシャンが来てるわけよ。だけど、そいつらみんなキョンちゃんのライブ見たくてしょうがないの。だけど、分かるわ。あれは現場で見なきゃわからない。ね、ヤバイね。神がかってる。神がかってるもん。でキョンちゃんてどんな風に出ていくのかなって、ひとっきり裏で一緒だったんだけど、もうねぇ、たまんないよ。


卓馬さん

メールもらって、それでウッてなったですもん。歌ってるってメールが来て。


キョンちゃん

うん、うん。


絶対、今度みんなでカシオペアで行こうな。


はーちゃん

凄いんだってね、カシオペアって。

 

happy-hour01 happy-hour02 happy-hour03 happy-hour04 happy-hour05 happy-hour06 happy-hour07 happy-hour08 happy-hour09 happy-hour10 happy-hour11 happy-hour12 happy-hour13 happy-hour14 happy-hour15

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/porterclassic/www/new_site/wp/wp-content/themes/porterclassic/single.php on line 54