長谷川潤 対談

January 13.2016

※HAPPY HOURでは編集を行っていません。ゲスト及び参加者の発言内容に対し一切の責任を負わないものとします。

 

06

 


 

長谷川潤(Jun Hasegawa)
1986年6月5日生まれ。ニューハンプシャー州出身。
2歳よりハワイ島に移住。雑誌を中心に活動。特に、同世代の女性からの支持は絶大。
KIRINをはじめ、多くのCMや広告ビジュアルでも活躍。映画「ホノカアボーイ」で
本格的なスクリーンデビューを果たす。テレビでもレギュラー番組をもつ傍ら、アジアにも活動の場を広げている。
www.hasegawa-jun.com

 


 

 

辛かったろう、最初は。


潤ちゃん

うん。辛かったけど、辛かった分今が幸せ。


そうそう。最初につらいこと経験しちゃった方が後は楽なのよ。


潤ちゃん

楽。強くなったおかげ様で。


良いことだ。最終的にはハワイに帰っちゃうのかな。それとも日本に住むのかな?この質問は誰もしてないと思うよ。


潤ちゃん

最終的にどこ住むかってこと?


うん。


潤ちゃん

ハワイかなぁ。どこだろう。でももう1個の場所に行ってみたいと思う。ゼロから。


レオ

あぁ、新しいところね。


潤ちゃん

ちょっと体験してみたいな。


良いことだよ。


レオ

今日さ、うちの一番若いスタッフ2人に、「今日、長谷川潤さんとトークやるから、お前ら聞きたいことあったら紙に書いて俺に渡せ」って言ったの。「おもしろかったら使ってやるから」って。それで質問書かせたのよ。でね、


潤ちゃん

アハ!ポッケに入ってるんだ(笑)


レオ

あのー(笑)


潤ちゃん

書いてくれたんだ。


レオ

あいつら一所懸命書いてさ。


潤ちゃん

えー!嬉しい。


レオ

パッと見た時に「お前これ本当に聞きたいの?」とかさ、こんなの知らなくても別に良いだろうとか。1人はね、すごい真面目な子なの。お酒も飲まないし一所懸命に働くし、そいつのを読んでたら、「モデルを始めたキッカケは?」とかさ「スタイルを保つ秘訣を教えて下さい」とかさ。「趣味はなんですか?」とかね、すごく真面目で良いのよ。好感持てるの。もう1人がね。。。


潤ちゃん

ヤバイんだ。


レオ

もうコイツがね。。。


だけどかわいいんだよ、両方とも。


レオ

「どのような時に寂しさを感じますか?」って。

 

(爆笑)


潤ちゃん

すごい、それなかなか思いつかない質問。


レオ

「ホットパンツのうまい着こなし方を教えて下さい」って。男だよ。


潤ちゃん

やーだー!(笑)


バカだ。バカだな本当!


レオ

だから、潤ちゃんこれね思ったの。アイツらが良い仕事したら、潤ちゃんこれサインしてくれない?


潤ちゃん

うん、もちろん。


レオ

あいつら良い仕事したらこれをプレゼントするから。


おー!


潤ちゃん

OK!


あいつら友達に自慢するだろう。


レオ

じゃぁ俺が書いとくか!

 

(爆笑)


レオ、例のサイン事件。


潤ちゃん

誰の?


レオ

エリック・クラプトンのサイン。ここでみんなで食事してるときにここのスタッフさんが「サイン下さい」って。普通さ紙、けど鏡!


潤ちゃん

自分から?すごい、さすがだ。(笑)


レオ

潤ちゃん、申し訳ないです。


潤ちゃん

もちろんですよ、喜んで。超嬉しい!


本当に喜んじゃうよ、あいつら。


レオ

ありがとうございます。


潤ちゃん、異常な位まとわりついてくるファンているの?


レオ

いるでしょう、そういうのは。


いるだろう。


潤ちゃん

えーでも全然分からない。


お疲れ様です!


潤ちゃん

お疲れ様です。


晃務

遅くなっちゃった。


レオ

大丈夫です、大丈夫です。


晃務

あれもう飲んでるの?


潤ちゃん

飲んでます。


レオ

ハッピーアワーだもん。


晃務

あそうかそうか。昼から飲んで良いのか。


レオ

じゃぁ、シャンパングラスを。実はね、初めてなんですよハッピーアワー。いつもは2人で克さんと。


潤ちゃん

あっ、そっか。


レオ

12月に一緒のチームになって今回初めてで。よろしくお願いします、吉田晃務です。


晃務

今日はありがとうございます。


僕の甥っこで、俺も40年間世界中で頑張ってきたんだけど俺の知ってる、世界NO.1のカバンデザイナー。彼より良いカバンデザイナーはいない。潤ちゃんに作ってあげて。


晃務

作ります。


もうブッチギリ。


潤ちゃん

すごーい。克さんが言うなら本当すごい。


15年位前に彼の作品見て、彼を育てたのよ若いころ。負けたもんね。もう勝てない、すごすぎて。


潤ちゃん

本当に?


その時は嬉しかったね。


晃務

僕がこの仕事に入ったのが、カッタンに憧れて入ったんです。


潤ちゃん

へ~。


晃務

だからそうやって言ってもらえると嬉しい。


潤ちゃん

嬉しいですね~。あぁ、そうなんだぁ。


レオ

じゃぁお願いします。


ありがとうございます。

 

(乾杯)


晃務

今日はありがとうございます。


潤ちゃん

ありがとうございます。


レオ

潤ちゃんちは姉妹、何歳違い?


潤ちゃん

妹2人いるんだけど真ん中の子と私は6歳離れてるの。


レオ

6歳か。


潤ちゃん

だから結構離れてる。だから、ジュリちゃんとメイちゃんの方がすごく仲良いっていうか1年半しか歳がかわらないから。


レオ

(ウェイトレスに)あの、そういうイタズラやめてもらえます。。。?


潤ちゃん

何でそんなに濃いんだろう。(お酒のグラスを見て)


クロちゃん?やったの。ねぇ、チビ。我々にクロちゃんのグラスでシャンパン。


晃務

レオ、ジョッキで何飲んでるの?


レオ

強くないですか?

 

(笑)


晃務

ジョッキで何飲んでるかと思いきや、ウォッカのストレート。この時間に。


潤ちゃん

ストレート。克さん1個聞いても良いですか?


はいよ。


潤ちゃん

克さんて何か夢ってあるんですか?私から見たらもう全部叶ってるんじゃないかって思うんですけど。


今からが本当の夢だね。て言うのはね、本当に彼らが、治彦も順三もそうだし、みんなが集まってくれて、みんなで良いものを作ろう元気にやろうって、すごい幸せなのと、初めてこの子たちに甘えられる気持ち。例えば俺が「今日美術館行って来るよ」て言うと「行ってきなよ」とか「今日ちょっと調子が悪いよ」って言えば「大丈夫か」って言えるのがすごい嬉しいのと、心からコイツらのこと心配できるし、この子たちの子供たちのことを考えるのもすごい楽しいしさ、何より良いものを作ってくれたっていう喜び。これだったら死んだおじいちゃん、おばあちゃんも喜ぶなとかね。これだとお客様も喜ぶとか、そういうのが本当に嬉しくて。


晃務

まわりの人が結構元気になってきちゃったりね。うちの家族とかも。


それとね、潤ちゃんね、潤ちゃんのところもみんなよく笑うけど、どんな苦しい時でもみんなよく笑うのよ。これがなんだかすごく良いね。みんな落ち込まないで結局最後はゲラゲラ酒ね。陰険になんないね。


晃務

欠席すると悪口大会になってね。

 

(笑)

 

happy-hour01 happy-hour02 happy-hour03 happy-hour04 happy-hour05 happy-hour06 happy-hour07 happy-hour08 happy-hour09 happy-hour10 happy-hour11 happy-hour12 happy-hour13 happy-hour14 happy-hour15

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/porterclassic/www/new_site/wp/wp-content/themes/porterclassic/single.php on line 54