長谷川潤 対談

January 13.2016

※HAPPY HOURでは編集を行っていません。ゲスト及び参加者の発言内容に対し一切の責任を負わないものとします。

 

06

 


 

長谷川潤(Jun Hasegawa)
1986年6月5日生まれ。ニューハンプシャー州出身。
2歳よりハワイ島に移住。雑誌を中心に活動。特に、同世代の女性からの支持は絶大。
KIRINをはじめ、多くのCMや広告ビジュアルでも活躍。映画「ホノカアボーイ」で
本格的なスクリーンデビューを果たす。テレビでもレギュラー番組をもつ傍ら、アジアにも活動の場を広げている。
www.hasegawa-jun.com

 


 

 

ああ、分かるよ。


晃務

映画はずっと残るから良いよね。


レオ

面白いのがさ潤ちゃんと出会ってちょっとして、れらが生まれて、れらがいつか潤ちゃんに色々相談すると思うんだよね。


そうだよなぁ。


レオ

そういうのが俺楽しみでしょうがない。頼れるってかさ、信頼できるじゃない。もしなんかあったらうちの娘を宜しくお願いします。


潤ちゃん

もちろんですよ!あたしが落ち着いてハワイに住むようになって、れらはまだ学生ですよね絶対。夏休みとか遊びに来て英語をちゃんと、


ハワイ島にあったすごいかわいい寄宿舎みたいなのあったじゃないか。


潤ちゃん

HPA


娘は外に出さないの?海外留学させるの?


レオ

いやぁ、出しちゃうでしょう。行きたいって言われれば。俺もついてっちゃうけど。

 

(笑)


潤ちゃん

お父さんつきだ。


レオ

あそこの学校いろんな人が出てて、クリント・イーストウッドの娘もそうだしジェリー・ガルシアの子供も行ってるの。


へー。


レオ

色んな有名人の子供行ってますよ。


潤ちゃん

そうそうそう、すごく良い。educationもちゃんとしていてすごく良い学校らしい。


晃務の娘がめちゃくちゃ可愛いんだけど、もう少ししたら卒業なのかな。「お父さんの手伝いをしたい」って想像しただけで嬉しくてなんかもう嬉しくて嬉しくて。可愛いんだよその子。


潤ちゃん

えっ娘さん卒業って何から?


晃務

高校。


潤ちゃん

高校!?


晃務

もうすぐ18歳かな。


潤ちゃん

えー。すごい若いですね。若いお父さんですね。


それが武器なんだよ。


晃務

46歳で次47歳。息子はもうすぐ20歳になる。


潤ちゃん

すごーい、そうなんだ。


レオ

タイキはすごいかわいいよ。


潤ちゃん

20歳と18歳?


晃務

カッタンもレオもすごい可愛がってくれてて。


潤ちゃん

どっちも男の子?


晃務

下は女の子。


レオ

これを作ってくれて。


潤ちゃん

ああ!会った、男の子。会いました会いました。そうそのベルトを作ってくれたって。


レオ

そうだ、会ってる。


潤ちゃん

ああ、すごーい。


晃務

潤ちゃんはうちの親父とも会ってるんだよ。


潤ちゃん

ん?


レオ

映画の撮影のセットで潤ちゃんと岡田君が会うシーン、あの時に来たのがお父さん。


潤ちゃん

うんうん!


晃務

その時に潤ちゃんがイスを出してくれて「すごい親切にしてくれた」って喜んでた。


潤ちゃん

覚えてます、覚えてます。そうなんだ。


ていうことはレオと潤ちゃんは東京じゃなくてハワイ、どっちで出会ったのか?


レオ

面白い話なんだけど、潤ちゃんに1回しか言ってないけど。俺の結婚式の時にみんなで成田で待ち合わせてさハワイ島行ったじゃない?あの時俺すれ違ったの。


うっそー。


レオ

潤ちゃんはオアフ島に行く便で成田のエスカレーターかなんかで「あぁこの人知ってる、この人の本もらった」って。潤ちゃん幻冬舎でハワイの本出してて、あの子だって。ハワイ島行くのかなって、それが結婚式の時の飛行機だったの。


へ~。


レオ

彼女はホノルル行ったの。


その時はレオはまだ潤ちゃんが映画に出るっていうのは知らなかった?


レオ

こういう人が良いんじゃないんですかっていう話はしたの。あの本を幻冬舎から送られて見たときに「ああもうこの子じゃん」ってそういう話はして。あの結婚式の時すれ違ってちょっとしてから高崎さんから電話があって「長谷川潤ちゃんに決まりました」って。そりゃそうだろって思った。で、飛行機の中で初めて会ったの。


同じ飛行機だったの?


レオ

同じ飛行機。


潤ちゃん

そうそうそう。


東京からハワイで?


レオ

東京からハワイで。で、あいさつして「よろしくお願いします」って。


潤ちゃん

そうそうそう。


それであのー一応台本にはキスの場面があったのを、、、これ最高の話じゃない。


レオ

じゃぁさ、うちバージョンとお宅バージョンで話さない?


潤ちゃん

OK

 

(笑)


最高。


潤ちゃん

わぁ、すごい!


レオ

うちはね、まず飲み屋で高崎さんと克幸さんと俺で浅草で飲んでて、ギャグで例えば本を書いた俺が主人公が惚れちゃう女の子のボーイフレンド役やったら笑えません?みたいな。「それ面白いねハハ」って。それから数ヵ月後に脚本届いて事務所で脚本開いたら、「トム」「吉田玲雄」って書いてあったの。「トム」って誰かなって見てたら恋人役なの。うわーマジかよって。本当に決まっちゃったよ酒の席の話が。読んでいったら最後の方に、病院でそして2人はキスをするって書いてあったの。

 

(笑)


超嬉しかっただろう!


レオ

すごいことになってて。


嬉しいけど、嬉しいけど、


レオ

もう読んだ瞬間に唇乾いちゃった。

 

(爆笑)


最高だろ。


レオ

そうか、こういことになったかっていう、その時に、やらせじゃないんだけど、うちの嫁がね、事務所に遊びに来たのよ、妹と。何にも言ってないのに「あっこれ脚本じゃない?出来たの?うわー」って感動してパラパラってやってるわけ。パラパラってちょうど止まったページが、「そして2人はキスをする。」


(爆笑)


レオ

「キスってなぁに?」「えーとねー」


潤ちゃん

だよね。


レオ

何って言われても。まぁ酒の席でこういうことがあって、こういうになっちったんだよねハハって。「あんた役者じゃないじゃん。あたし、高崎さんに手紙書いて良いかな」って。「それだけはやめてくれ」って。その日から病院の撮影までもうずーっとうちの嫁は「キスするの?」しか言わないの。はっきりしてって。

 

(爆笑)


潤ちゃん

するの?しないの?


あーお腹痛い。お腹痛い。でも考えてみなよ、あの病院のシーンでキスしない方がおかしいよな。「大丈夫か?」って。


晃務

「あんた役者じゃないでしょう」(笑)


潤ちゃん

まぁ、確かにみたいな。


レオ

脚本が届いてから撮影まで2か月とかあったのかな。「どうする?キスシーンのリハーサルでもする?」って。

 

(爆笑)


レオ

ただ、とみえはこれが例えば長谷川潤ちゃんじゃなくて違う人だったらすっごい嫌だったって言ってた。長谷川潤ちゃんはすごい好感度あるし大好きだから、それでもまだ揺れてるんだけどこれが道端ジェシカだったら、とみえはもうやめてみたいな。


潤ちゃん

そうなんだ。


嫁が料理してる時たまたまテレビにアルバさんが出てると、


レオ

ジェシカ・アルバね。


テレビの前に立ってずーっとこうしてるらしいよ。「何で見てるの?」って。俺そういうの大好きで、困った顔が大好きで。


レオ

まぁ、うちはこんな感じでした。(笑)

 

happy-hour01 happy-hour02 happy-hour03 happy-hour04 happy-hour05 happy-hour06 happy-hour07 happy-hour08 happy-hour09 happy-hour10 happy-hour11 happy-hour12 happy-hour13 happy-hour14 happy-hour15

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/porterclassic/www/new_site/wp/wp-content/themes/porterclassic/single.php on line 54